ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【西田昌司】農協改革、自民党の農政族議員は腐っている。

<<   作成日時 : 2015/01/24 16:55   >>

トラックバック 1 / コメント 1

https://www.youtube.com/watch?v=KzqdHriMdsY

 わたしは姉が肥料屋に嫁いでいるので、高校生のころから配達のアルバイトで稼いでいた。その経験から、この西田昌司の発言のウソはすぐに見破れた。農協があるのに、肥料屋の肥料が売れるのは、肥料屋は山のみかん畑や茶畑にまで配達するのに、農協は農家の縁先においていってしまうからだ。兼業農家や跡取りが離農してしまった農家は農協の肥料は買えない実態を西田昌司は知らないのだろうか。
 そしてなによりも農業の衰退の理由が農政の不手際や農協が搾取しているのではないと、その事実がないというのも、かれの不認識だ。農協は農家を食い物にしてきた。自由化で外国の農産品が流入するからだなんてのもウソだ。日本の農業製品は高品質で、国際競争に負ける心配がないことはオレンジでもリンゴでもコメでも実証されている。むしろ自由化して、国際競争にさらさないからこそ、国内でやせ細り、膨大な補助金をつぎ込みながらも絶滅しようとしている。すべて農政とその手先としての農協の責任だ。
 大規模化ができないのも農地の保護と異業種からの参入を禁じた政治の責任だ。自民党の農政族議員は腐っている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
飢餓の時代の統制経済と、成熟社会の自由経済のポイントの切り替えが…
「【西田昌司】農協改革、自民党の農政族議員は腐っている。」について  敗戦直後の飢餓の時代、全国一律の増産体制は、戦時中のそれと同様に、それはそれで意義があったし、有効でもあった。しかし、主食の米の自給率が100%を上回り、飽食の時代になったとき、農家は敏感に時代の変換を察知して、売れるブランド米を目指したのに、一律米価や輸入米の阻止や、それと裏腹の輸出にブレーキをかけつづけた、農政の前科者の生き残りがこの西田昌司なんだろう。  飢餓の時代の統制経済と、成熟社会の自由経済のポイントの... ...続きを見る
罵愚と話そう「日本からの発言」
2015/01/26 06:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
『ガンダムの翼』私怨に当たるものかもしれないが、
丙午農薬中毒生き残りが人殺しとの着任演説をなさった3代前の西田先生。
先代警察問題担当者警察別動態北朝鮮罰が、揉み消し工作で別人逮捕私刑‥死人に口無し地方の叫びを国政に、共産党と同じスローガンだったエホバ神エジプト的な者:農家聖絶で復活したクライストによるミレニアム達成‥
田中さんも西田一門もアイルランド王族/大勢死んで自分が生き遺るは武士の道?たる葉隠れ入門もあったか‥

PS
炭焼き長者と、水稲作りのいざこざが徳山分水嶺の向こうの大量殺人にもなった?
巳蛙
2015/01/25 11:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
【西田昌司】農協改革、自民党の農政族議員は腐っている。 ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる