ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 洗濯機ができ、掃除機ができて主婦が家事労働から解放されると…

<<   作成日時 : 2015/01/08 04:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

家事や育児や介護が商品化されて…」について

 職人が、自分の子供を遊ばせるような気持ちでおもちゃをつくり、百姓が、自分の子供に食べさせるような気持ちでコメをつくる。商人はそれを見極めて店頭にならべて信用を蓄積する。そうして家族のような国ができあがる。
 経済学や経済政策では、こういう理念は表現されない。100円ショップのおもちゃはどれも100円でカウントされる。経済統計には、ものづくりに込められた作り手の気持ちは表現されないから、数字にあらわせないで抹殺される真実が忘れ去られてしまう。あるいは、こっちの忘れ去られた真実のほうが、より重要なのかもしれない。
 洗濯機ができ、掃除機ができて主婦が家事労働から解放されると、主婦と呼ぶポジションが無用になって、消されてしまう。小学生が学校が終わって、玄関で「ただいまぁ〜」と声をかけて帰ってきたとき「お帰りっ〜」の主婦の声は、経済統計や経済政策にはカウントされないのだ。育った子どもの人生や生涯を経済統計ではカウントできないのだが、日本人社会は、あきらかに変質している。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
洗濯機ができ、掃除機ができて主婦が家事労働から解放されると… ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる