ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 明けまして、おめでとうございます。

<<   作成日時 : 2015/01/02 06:09   >>

トラックバック 2 / コメント 0

明けまして、おめでとうございます。
 わたしは駿河湾からのぼる初日の出が拝める温泉で朝湯につかりながら、平成27年の正月元旦をむかえました。すでに10年以上の元旦の好例になっております。今年の太平洋はまさしく「天気晴朗なれど、波高し」で、初日の出のしたで白波がたっていました。
 政治的気圧配置図をみれば、まず地球規模ではアメリカの退潮です。アメリカの退潮はヨーロッパでロシアが跳ね返ったり、イスラム原理主義が跳梁跋扈する原因になっていますが、おなじようにアジアでは共産支那の膨張を引き起こしております。歴史は天候とおなじで、気圧が下がれば周辺の高気圧がそれを充填します。アメリカの退潮が支那の高気圧を呼び込んでいるのです。
 アメリカの退潮が共産支那の膨張を引き起こし、それが日本列島の緊張の原因だ。アメリカの属国として、その期待に応えていただけの日本外交が、それで安心がえられなくなっている。日本独自の外交路線をもつ必要があるのかもしれないとの緊張感をもちはじめている。
 今年は、そんな年になるのだと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「明けまして、おめでとうございます。」について
「明けまして、おめでとうございます。」について 一市井の意見ですが、貴殿の戦前の軍部礼賛の主張を除き一理ありと認め、時々訪問させてもらっていますが、アメリカの退潮という見方は間違いです。今やソフトの時代です。製造業は下請けにすぎません。その製造業でアメリカを追いこしたが、ソフトで日本はどうしても米国に太刀打ちできない。反面製造業でも新興諸国に劣勢になっている。ここに日本の衰退の最大の原因があるわけです。つまり、米国は世界のシンタンクが認めている如く競争力は以前として世界一です。その国が原油... ...続きを見る
IKARI 新党
2015/01/02 14:40
大東亜戦争は日本の反乱ではなく、入欧の政策だった。
「明けまして、おめでとうございます。」について  地球はいまだに白人キリスト教徒によって支配され、搾取されている。西欧の近代が生んだこのくびきを解き放たなければならない。100年前、日本があげたこの“ときの声”を、いまではイスラム原理主義が、プーチンのロシアが、支那の共産党政権が、北朝鮮の首領様があげている。文明の衝突は、文明同士の相克ではなく、アメリカに対する「ノー」のかたちで表面化している。  もう一度、かれらと日本とのちがいを、よくみてもらいたい。日本外交は西欧の近代が生んだ平... ...続きを見る
罵愚と話そう「日本からの発言」
2015/01/03 04:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
明けまして、おめでとうございます。 ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる