ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 朝日とNHKのねつ造と偏向に誘導された沖縄の選挙結果

<<   作成日時 : 2014/12/27 06:00   >>

トラックバック 1 / コメント 0

ザ・インタビュ―、朝日のねつ造、JAPANデビュー、アンブロークン、ヘイトスピーチ」について

 表現の自由とは組織や個人の尊厳を傷つけていいというものではない。ザ・インタビュ―はこの部分で、疑問符が点滅する。独裁国家といえども、独裁者といえども、国家や個人の尊厳を無視していいというものではない。しかし、パロディと表現の自由との境界線はむつかしい。ましてや、ネットにそれを言う資格はあるのか? ネットこそ、この話題では塀の中の世界だともいえる。
 いっぽうでもうひとつ、表現の自由とは報道がウソをついてもいい、ねつ造報道を許容するものではないのは議論の余地がない正当な批判だ。朝日の従軍慰安婦や南京大虐殺のねつ造報道、NHKのJAPANデビューがこれだな。朝日やNHKはあきらかに報道の自由を逸脱した偏向報道をつづけている。
 この偏向した報道とそれを放置する行政に対する不満が引き起こしたのがヘイトスピーチだ。紙幣の発行が日銀に独占されていて、手書きやコピーができないように、ニュースの発信はメディアに独占されていて、事実上個人が自前の報道はもちろん、批判さえもが圧倒的なねつ造報道のまえでは無力だ。
 歴史捏造やメディアへの鬱憤がヘイトスピーチの伏線なんだが「相手を批判する時には明白な事実と、冷静さをもって行なうべきです」という櫻井よしこのヘイトスピーチ批判は、その意味で朝日やNHKとおなじ発信力をもった有名人の傲慢を感じる。そして朝日とNHKのねつ造と偏向が、とんでもない方向に世論を誘導する。それがどういう結果をもたらすかは、沖縄の選挙結果にあらわれている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
“ヘイトスピーチ”ってなんだろう? なにが問題なんだろう?
「朝日とNHKのねつ造と偏向に誘導された沖縄の選挙結果」について  問題にされている“ヘイトスピーチ”ってなんだろう? なにが問題なんだろう? と思いながら新聞を読んだり、テレビを見ていても、なにが非難されているのかが、よくわからない。  「朝鮮人帰れっ」が悪いとしたら、抗議している人たちの「ヤンキーゴーホーム」を聞きなれているわたしたちには、どこがちがうのか、ますますわからないのだ。 ...続きを見る
罵愚と話そう「日本からの発言」
2015/01/05 03:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
朝日とNHKのねつ造と偏向に誘導された沖縄の選挙結果 ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる