ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS さざれ石が苔むすまでの雨水の一滴とする覚悟がこの国の武士道の神髄なんだが…

<<   作成日時 : 2014/12/24 05:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 江渡防衛相の再任固辞の報道…さきに、 石破茂に逃げられ、こんどまた江渡聡徳に逃げられた。もっともらしい屁理屈をならべたてているが、日米同盟関係の補修、近隣仮想敵国からの侵略懸念、売国平和主義野党からの方向音痴の追及、メディアとそのチョウチンもち有識者への対応…どれひとつとっても、一歩踏み外したら奈落の底で、渡りきっても賞品ももらえない、損な役回りだ。
 安倍晋三に心服して、最後までついていく。最後はいっしょに討ち死にする覚悟とか、あるいはそのまえに、必要とあれば捨て石になって、政治生命を投げ出す覚悟がなければ、この内閣の防衛大臣はつとまらない。ポスト安倍に夢をつないでいる人物には逃げられて当然だともいえる。もう一人の菅義偉房長官が求められているのだ。
 自分の命を、さざれ石が苔むすまでの雨水の一滴とする覚悟がこの国の武士道の神髄なんだが…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
さざれ石が苔むすまでの雨水の一滴とする覚悟がこの国の武士道の神髄なんだが… ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる