ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 小笠原の密漁船団、尖閣侵入、支那の言い分に反論できない櫻井よしこ、

<<   作成日時 : 2014/11/09 05:22   >>

トラックバック 0 / コメント 0

200隻のオンボロ密漁船団」について

 11月5日のプライムニュース『櫻井よしこが緊急提言 中国APEC潜む危機』 で、いわば支那人代表のような格好で出演した凌星光は、尖閣侵入や密漁船団の不当を追及する櫻井よしこに反論して、むかし支那大陸で日本人がやったこととおなじことをしていると発言していた。そのとき一瞬、同席していた数人の日本人も息をのんでコメントできなかった。
 2時間の番組のなかで、支那側の反論らしい反論…支那の正当性の主張は、これだけだったが、支那にしても日本にしても、これだけで充分、争点は明瞭になっていた。相互に不当な侵入は確認しているのだが、強く反撃できない日本にも、違法を承知でくりかえす支那にも、違法をとがめられない心理の原因は歴史認識の存在だ。日本の歴史的あやまちが、支那の横暴を許容している。
 その歴史認識はまちがっていると指摘するところからはじめないと、事件は収着しない。「オマエだってやったじゃぁないか」の論理がむしかえされている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小笠原の密漁船団、尖閣侵入、支那の言い分に反論できない櫻井よしこ、 ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる