ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 高福祉に適した国家のサイズ

<<   作成日時 : 2014/10/04 17:40   >>

トラックバック 2 / コメント 0

 北欧には高福祉・高負担の国が多い。国民に…とくに高額所得者に不満がすくないのは、政府に対する信頼が厚いからだという。若年におさめた税金は老年に手厚い福祉となっ て還元されると信じている。けっして、そうはならないと消えた年金をはじめ、数えきれ ない金権腐敗をながめてきた日本人は、まねしてはならないと心を引き締める。
 あるいはゆりかごかごから墓場までといわれた大英帝国が、イギリス病を患い、サッチ ャーに助けられたのも見てきた。
 どうして北欧の公務員・政治が腐敗しないのかを考えるとき、国家のサイズ、規模の問 題もあるのではないかと考える。高福祉に適した国家のサイズがあるとしたら、北アイル ランドの分離独立のタイプではなく、維新の党の道州制が参考にならないか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
高福祉に適した国家のサイズ
「高福祉に適した国家のサイズ」について  中韓的結論として、北欧のような高福祉をはばむ日本国内の最大の原因は、官僚組織や政治に対する不信だといえる。コツコツと蓄える老後資金を、国庫が保管すればもっとも安全だと国民だ信じれば、その資金で国債が消費できる。  しかし、この信頼をとり戻す対策は、わたしには思いつかない。どなたか、アイデアをお持ちの方は教えていただきたい。 ...続きを見る
罵愚と話そう「日本からの発言」
2014/10/07 18:12
高福祉に適した国家のサイズ
「高福祉に適した国家のサイズ」について  古来、どんな理想郷を夢見てきたか、支那人の中華思想では桃の木のしたで数人の賢人が談笑する床の間の掛け軸の光景、ギリシャ・ローマ文明圏では長椅子に寝そべって酒色をむさぼる生活…なのに、日本神話に出てくる天国の光景は、わたしが朝晩、散歩する登呂公園の彫刻とおなじように、男は狩りや耕作にあけくれ、女は機を織る。晴耕雨読を理想の生活として夢見る文明圏の再興だな。 ...続きを見る
罵愚と話そう「日本からの発言」
2014/10/08 03:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
高福祉に適した国家のサイズ ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる