ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「うちわ」や「明治座」より、民主党の拉致実行犯への政治資金横流し事件を…

<<   作成日時 : 2014/10/18 06:07   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 うらがえせば、それは、こんなレベルの“嫌がらせ”しか民主党はもちあわせていないという現実の証明だな。集団的自衛権、機密保護法、アベノミクスと国政は課題が満載で、野党は早く議論させろとさわいでいたはずなのに、いざ国会がひらかれると授業そっちのけの“いじめ”に血道をあげている。民主党の社会党化現象で、いずれは社民党とおなじ運命がまっているんだろう。
 「うちわ」も「明治座」も、それは一議員の人気取り、選挙対策にすぎない。もしも政治資金の流用問題をとりあげるのなら、わたしはむしろ民主党の管政権がおこなった拉致実行犯グループへの政党助成金横流し事件を優先すべきだと思う。管直人とその周辺グループが党の政治資金を拉致実行犯グループに横流しした事件は、真相が暴露されれば民主党左派だけではなく、社民党や生活の党を巻き込んだ大事件だと思う。あるいはもっと、自民党内にも甘い汁を吸って、隠蔽工作に手を貸した疑いが浮上するかもしれない。
 国会で追及されはじめたちょうどそのときに大震災が起きて、ドサクサにまぎれてしまい、国会も民主党も健忘症をわずらってしまったが、「うちわ」と「明治座」に触発されて思い返すチャンスでもある。どちらが国会審議によりなじむ話題なのかは、言うまでもない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「うちわ」や「明治座」より、民主党の拉致実行犯への政治資金横流し事件を… ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる