ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 朝日はまったく反省などしていない

<<   作成日時 : 2014/09/14 06:06   >>

トラックバック 1 / コメント 0

 朝日騒動の謝罪会見の当日からテレビを見ていると、BS朝日やテレビ朝日の系列局と、その他の局とのちがいは歴然で、ある意味、それは当然ともいえるのだが、グループとしての朝日はまったく反省などしていないのがよくわかる。
 かれらが考えている原因者は死んだ吉田清治で、社内に実行責任者は不在で、詰め腹を切らされたのは編集責任者ただひとりで、ねつ造の実行者は数人のグループなんだが、それは免責。OBも、むしろ外野席で朝日応援団を形成している。
 ひとつ実例を出すと昨夜…9月13日の夕刊の素粒子で、短いから全文書き写すと…
    ***********************
 爪楊枝(つまようじ)ほどの矢でも事実の土台が揺らげば害になる。吉田調書に関する小欄の過剰な表現を撤回しお詫びします。
            ☆
 <京橋の滝山町の新聞社/灯ともる頃のいそがしさかな=石川啄木>輪転機はきょうもまわる。原点は忘れまい。
            ☆
 ご批判は甘んじて、にしても、世には気にかかることなお山積み。来週からまた輪ゴムの弦に爪楊枝をつがえん。
    ************************
 どうみても反省文には読めない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【朝日は沈む】戦後左翼、平和主義との戦いは掃討作戦にうつった。
「朝日はまったく反省などしていない」について  従軍慰安婦、福島原発、南京大虐殺とねつ造、誤報がつぎつぎとあからさまにされていくなかで、戦後左翼、平和主義との戦いは正面作戦から掃討作戦にうつった。ひとりも討ちもらすことがないように、朝日、毎日、日経、NHK、共産党、社民党、民主党、日教組、★阿修羅♪…徹底的に殲滅して、日本列島をクリーンにしなければならない。 ...続きを見る
罵愚と話そう「日本からの発言」
2014/09/21 04:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
朝日はまったく反省などしていない ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる