ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 新着ゲーム『石破茂の野望』

<<   作成日時 : 2014/08/08 10:13   >>

トラックバック 2 / コメント 0

 信長の野望は、いうまでもなく天下布武だった。おなじように石破茂の野望も首相のイスはわかっているし、そこで、なにをやりたいのかも、おぼろげながらわかっている…と思う。漠然としたイメージでは、それは安倍さんのそれとおおきな違いはないから、安倍政権の継承に、なにをプラスするのかは、そのときの経済や外交の環境変化によるもので、いまから議論する意味はない。そうすると、これはテレビゲームの信長の野望とおなじゲーム感覚で楽しめる話題になると思う。
 ポイントは9月第一週の内閣改造・党人事にさいして、石破がどういう去就を選択するのかだが、それは、そのまま来年の総裁選をどう戦うのかの戦略・戦術と連動している。それは、つまるところ、早ければ2年後、まっても数年後の安倍政権の後継として柿の実が熟して落ちるのを閣内または党内の要職をつとめながら待つのか、それとも“関が原”にしてしまうのかの予想でもある。
 結論からいうと順風満帆の安倍政権を批判して、対立する選択肢がなけれ、ナンバー2の地位を確保して、後継指名が理想なんだが、そのルートにはいまの幹事長留任と新設の安全保障法制担当相への就任のふたつがある。幹事長に留任しても11月の沖縄県知事選という難関が待ち構えていて、さらに来年の統一地方選がまっている。
 このふたつの地方選の陣頭指揮をとって成果を得ると同時に、全国の地方組織に影響力を扶植しておけば、さらに次の衆参同日選挙の候補者選定や資金援助の実務をとりしきって、安倍晋三を神棚に祭りあげることができる。
 もうひとつの安全保障法制担当相は、まさしく余人をもって代えがたい石破の“はまり役”なんだが、幹事長が司令塔のなかの戦いだとしたら、安全保障法制担当相は野戦の切り込み隊長で、あっけなく流れ弾に当たって戦死のシナリオだってありうる。もちろん、それだけにやってみたい役職であることも確かなんだが…どっちなんだろうかあぁ?
 政権獲得がゲームのラストシーンだとしたら、それは2年ないし数年後の自民党総裁選で、そのまえに衆参同日選挙があり、さらにそのまえに来年の統一地方選挙、11月の沖縄知事選、そして最初のゲームは来月の内閣改造というストーリーとなる。
 ゲームの発売日は9月5日で、ファンは前夜から泊まり込みで並ぶんだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
安全保障法制担当相と呼ぶ政策実現の成果より、党内権力と資金の掌握を選んだ
「新着ゲーム『石破茂の野望』」について  今朝のニュースから『自民党の石破茂幹事長は8日、新潟県湯沢町で開かれた自身に近い議員グループ「無派閥連絡会」による初の研修会で講演し「一人一人が選挙に強くなることが政権を支える上で一番肝要」と述べた。9月の内閣改造・党役員人事では石破氏の処遇が焦点だが、選挙を仕切る幹事長職の続投に意欲をにじませた格好だ』  安全保障法制担当相と呼ぶ政策実現の成果より、党内権力と資金の掌握を選んだことになるが、最初のハードルは目のまえの沖縄知事選だ。そうとう高... ...続きを見る
罵愚と話そう「日本からの発言」
2014/08/09 16:15
『石破茂の野望』一寸先は闇の政界で、隠居おやじみたいな出処進退でいいのかなぁ?
「新着ゲーム『石破茂の野望』」について  入閣して自身を安泰の位置においた対価は、来年の総裁選への不参加…あるいは参戦してもナンバー2のポジション確保に満足するってことかなぁ? ナンバー2の価値は、それなりにあるとは思うのだが、汗もかかなきゃぁリスクもおかさないで閣議に出席していたのでは、なにかあれば責任だけ負わされて人身御供にされてしまう心配はないのか。  いつでも体を張って、戦いつづけなければ、トップにはなれないし、トップをつづけることもできない。本人が一番知ってるとは思うのだが... ...続きを見る
罵愚と話そう「日本からの発言」
2014/09/02 10:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新着ゲーム『石破茂の野望』 ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる