ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【朝日は沈む】韓国紙が従軍慰安婦問題を偏向報道した真因

<<   作成日時 : 2014/08/13 05:48   >>

トラックバック 0 / コメント 0

【従軍慰安婦】共産党の小池晃が第二の吉田清治になりたがっている」について

 いずれテキストアーカイブが出るだろうから、くわしくはハイライトムービーとそちらをご覧いただくとして、今回の朝日の撤回表明について韓国の中央日報は「朝日新聞は、保守勢力が提起する『朝日ねつ造論』について、一つ一つ反論」のリードで報じた。朝日を“愛読”する日本人のひとりとして、あれをどう読んだら、こんな感想が出てくるのか、わたしもびっくりするものだった。
 8月11日のプライムニュースでは、これをとらえてキャスターの反町理が金玄基・中央日報東京総局長に「朝日の記事をどう読んでも、こうは読めない」と説明を求めた。金玄基はこれにこたえて「韓国国民は強制連行ひとつをとりあげて抗議しているわけではなく、ひろく女性の人権問題としてとらえている」と答えさらに反町の「日本でも女性の人権問題としての観点から、石破幹事長も菅官房長官も河野談話はみなおさないといっている。疑問は朝日の記事をどう読んでも、あれが保守論題に対する朝日の反論には読めない。ミスリードではないか。あるいは駐在員のおくった原稿を本社が曲解したとか」とたたみかけた。
 結果的に金玄基は記事は本社で加工されたものではなく、自分が書いた原稿をもとにしているといっていた。流ちょうな日本語を使いこなし、記事も反町の質問の真意も誤解などしていない、充分解かったうえでの返答だった。日本側からの疑問や臆測をよく理解したうえでの回答だと、こちら側からもよくわかるだけに、日韓関係への絶望と、二度とだまされてなるものかの韓国への憎悪を深くする内容だった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【朝日は沈む】韓国紙が従軍慰安婦問題を偏向報道した真因 ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる