ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【丹羽大使襲撃事件】非常識な日本外務省の対応

<<   作成日時 : 2012/08/28 08:24   >>

トラックバック 2 / コメント 0

大局を見失って、目先の権力争いに日本との国境線を利用しているのは…」について

 外務省は犯人逮捕と再発防止を要求している。報道機関はテレビも新聞も、事実報道しかしていないが、常識的に考えてこういう事件にさいしては責任者の処罰を要求するのがあたりまえではなかろうか? 数日たって、メディアや世論に押されて動き出すのが民主党外交のいつものパターンなんだが、そこのところを外務省の売国官僚、チャイナスクールに読み込まれてしまっている。
 強硬に治安と警備の責任者の処罰をねじ込んで、その結果だれが処罰されるのか、あるいはされないのか。観察すれば支那の共産党政権の内部構造が透けて見えてくるし、近未来の予想材料にもなる。
 それもしないで時間を浪費する民主ルーピー政権は、逆に支那人に向かって下着を脱いで裸体をさらしているようなものだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「【丹羽大使襲撃事件】たとえそれが反日であってもかまわない。
「【丹羽大使襲撃事件】非常識な日本外務省の対応」について  もとはといえば政治的価値観も歴史認識もまったくちがう、そのうえこれっぽちも倫理感をもたない隣国をもった日本の悲劇だ。国交断絶状態を継続すればよかったのを、田中角栄と呼ぶJA新潟の支所長レベルの男が、まかり間違って首相になり、キッシンジャーと周恩来に手玉にとられて日中国交正常化してしまった。自民党政権最悪の失政のひとつだと思う。  そこからはじまったいくつかの連続詐欺事件の最新のひとつが今回の丹羽大使襲撃事件だ。前回も言ったよ... ...続きを見る
罵愚と話そう「日本からの発言」
2012/08/31 05:31
【丹羽大使襲撃事件】ほらみろ、言わんこっちゃぁない!!
「【丹羽大使襲撃事件】非常識な日本外務省の対応」について  支那が約束した真相究明と再発防止だけではいけない。責任者の処罰を要求するべきだと、事件発生直後から、わたしは主張してきた。あんのじょう支那側は、犯人を拘束したが微罪で済ますという。それが支那の国内法だと…法を守っているんじゃぁなくて、このたびは守る方が都合がよかっただけのことだ。  それについては、日本の民主党政権だって、尖閣も国会運営もご都合主義が大手を振っているから文句を言いにくい。支那の権力者も民主党の権力者も、コミュ... ...続きを見る
罵愚と話そう「日本からの発言」
2012/09/01 02:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【丹羽大使襲撃事件】非常識な日本外務省の対応 ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる