ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【左翼ポピュリズムの蠢動】

<<   作成日時 : 2012/08/05 05:09   >>

トラックバック 1 / コメント 5

【再稼働反対】危険も事故も東電の自己責任でお願いしたいところだが、」について

 国民生活の不安が根底にあると思う。失われた10年が20年、30年と延長されて、生まれてから好景気を経験したことがなかった世代が企業の管理職になるような社会状況のなかで大震災が起こり、原発事故を経験した。政治の無力は身に染みているのだが、さらにその政治に頼り切ろうとする心理は理解に苦しむ。
 オスプレイに反対し再稼働に反対しながら、その安全性や危険性に説得力をもった根拠はないし、議論もない。根拠やデータをあいまいにしたままで、不安が生んだ空理空論だけが空中戦を演じている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【左翼ポピュリズムの蠢動】
「【左翼ポピュリズムの蠢動】」について  たしかに小泉純一郎や橋下徹をポピュリズムと呼ぶことは可能だと思うが、かれらは左翼ではなく、むしろ右翼にカテゴライズされるのではないのかなぁ? それに対して支那の共産党がはまっているのは国家資本主義、それともうひとつ自戒を込めて書き加えると、ポピュリズムの否定は民主主義の否定につながりかねないし、民主主義とは一種のポピュリズムの政治システムなのかも… ...続きを見る
罵愚と話そう「日本からの発言」
2012/08/05 08:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時

日本の国は、米軍に頼ることなく、日本軍で守れ。
そのうえで、相互に安全を保障すれば、日米は対等になる。
我が国は、虎の威を仮る狐であってはならない。
自分の力を示せ。力は正義である。(Might is right).

力がなければ、正義もない。単なる歌詠みである。ひ弱な花である。
他人に仕事を任せておいて、いちいちあれこれ言うのは不謹慎である。いつまでも、未成年の姿勢をとるな。
消去法を得意とする論客ばかりでは、総理の寿命も短くなる。筋の通った政治もできない。

未来社会の建設には、建設的な意見が必要である。
未来構文がなくては、未来の内容は過不足なく構築できない。
未来構文があれば、理想が語れる。無ければ、筋の通らない空想・空論になる。

日本語の文章には、未来・現在・過去の区別はない。
現在の内容は過不足なく考えられても、過去と未来に関してはそれができない。
日本人は、未来の内容に辻褄を合わせて語るのは得意でない。
最悪のシナリオなど考えられない。悪夢は常に想定外になる。
だから、有事の際の危機管理も破たんする。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/
noga
2012/08/05 06:51

 一度福島原発とか沖縄米軍基地のそばで生活してから,そういう意見を言ったらどうでしょうか?それは人の気持ちを全く考えていないと思います。非人情的だと思います。

 原子爆弾の管理は安全であるからといって,原子爆弾は安全であるといったら広島,長崎の人は起こることでしょう。

 事故が起こる可能性がたとえ,1%でも,ひとたび事故が起これば重篤な被害が起こるので,大問題なのです。

 また,こういう被害と言うのは,結局統計的にしか推測判断するしかできません。殆どの人が専門家でもなく,専門家もまだ勉強中,みたいなところがあるのですから,確定的な判断はできません。しかも,電力会社内のことを外部の人が全ての情報を入手して知ることはできないのです。

 戦後,スリーマイル,チェルノブイリ,東海村JOC事故,福島原発事故など,頻繁に原発事故は起こっているのですから,統計的に見て,原発事故は起こるものと考えたほうがよいと思います。

 地震のようなものです。完全な予測など不可能です。完全に危険であることを証明しない限り,原発の使用を認めるべきであるというのは,個人の生命,健康に対する自由という観点から考えるとあべこべな思考と思います。

 また,原発,オスプレイに危険性の証明がないと言うのは,現状では,暴論でしょう。たとえば,今回規模の地震が起これば,そこの原発でも耐えられない可能性が高いのではないでしょうか?

 
サイン
2012/08/06 09:46


続き) 今回の東日本大震災と同程度の規模であったと言われる約1000年前の貞観大震災の頃には,関西にも大規模な地震が起こっています。

 東日本大震災が起こったから関西が安心ということにはなりません。

 ちなみに,その頃,歴史上でも最大規模の富士山の噴火も起こっています。

 悪いことは続くということも考えたほうがよいと思います。

 仏教的に言うならば,人々の心の波動が悪くなるとそれが悪い結果をもたらすということが言えるかと思います。
 
 それは,天罰ではないのです。善因善果,悪因悪果の法則です。

 心は物質にも影響を与えます。悪い心が同じ方向で同調することは決してよいことではありません。だから,悪いことが立て続けに起こることもあり得ます。悪い心のエネルギーが解消されない限り。

 それをひそかによい方向に変えて行くのも仏教徒の大きな役割でしょう。

 オスプレイはアメリカの高官が危険だと言っていますね。http://www.47news.jp/47topics/e/232881.php

★★★ 引用開始 ★★★

 …オスプレイの開発計画に国防次官補として関わったローレンス・コーブ氏が1日までに共同通信の取材に応じ、オスプレイ1 件の安全性は以前より向上したが、危険であることに変わりはなく、人口密集地に隣接する米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)配備は「危険を伴い、理解できない」と強い懸念を示した。
 

 米国防総省はオスプレイの安全性を強調しているが、専門家や元米軍幹部らから多くの疑念が指摘されている。

 開発計画に関わった当時の国防総省高官も不安視していることが裏付けられた形だ。

 
サイン
2012/08/06 09:54


続きA) 81〜85年に国防次官補を務め、現在は米シンクタンク、アメリカ進歩センター上級研究員のコーブ氏は、オスプレイは「製造されるべきではなかった」と明言した。

 同氏によると、父親のブッシュ政権当時のチェイニー国防長官はオスプレイに関し、あまりに高額だとして開発を中止しようとした。

 しかし、ブッシュ氏の後任となったクリントン大統領が前政権との違いを出すために、軍産複合体と一緒になり開発継続を決定。

 海兵隊の将校は、悪い情報を報告しないよう試験飛行部隊に伝えていたという。…以下,略

★★★ 引用終わり ★★★

少なくとも「疑わしきは被告人の利益に」の原則が近代法にはあるように,「疑わしきは市民の利益に」の原則が妥当するというべきです。

 皇居の周りにオスプレイの配備ができないのは眼に見えています。

 後になってみたら,大量破壊兵器などなかったイラク戦争を起こしたブッシュを支持することができないように,ブッシュが進め,軍需産業の肩を持つような政策に加担する必要もないと思います。

 誰が推進した政策かという点も観る必要があると思います。

 スマナサーラ大長老の評価はどうだったでしょうか?
 
 
サイン
2012/08/06 09:56

 「ブッシュが進め」×→「クリントンが進め」○

 私が知る限り,スマナサーラ大長老がやや評価しておられるのはオバマ大統領でしょう。

 でも,最近はイラン戦争が起こらないか心配しておられました。周りが選挙目的で戦争を起こすように画策していて,オバマさんがそれに乗っかる可能性もあるからです。

 それで大統領選挙に勝ったと観られる人物が近時いますから。

 しかし,オバマさんは,今のところ,選挙に勝つことよりも,理性で,人々を殺さないことを重視しているように思います。

 が,軍需産業とかの圧力も大きいのでしょうね。古くなった武器は使ってしまって新しくしたいのでしょうし,そうなれば,新しい兵器も売れますし,新兵器の実験もできたりします。
サイン
2012/08/06 10:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
【左翼ポピュリズムの蠢動】 ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる