ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 検証尖閣事件・真相崩壊原因としての情報操作

<<   作成日時 : 2010/11/05 10:15   >>

トラックバック 3 / コメント 0

 「深層崩壊の原因、情報操作」で書いたように、現在のこの国の深層崩壊の原因として官僚支配金権腐敗とならんで情報操作があるわけだが、あそこでは情報操作とは言ってもメディアやマスコミ自身が自身をしばっている自律的な管理を指していた。ところが今朝おきた尖閣事件を撮影した海保の映像のユーチューブへの流出は、ちょっとちがって空き缶内閣への不満…海保職員なのか検察官なのかは不明だが、おそらくどちらかの職員の不満が引き起こしたネット上への公開というあたらしいタイプの情報操作だ。
 事件をとおしてわたしたちは支那の共産党政権内部の権力闘争の影響とか、支那社会の不安定要素に着目した議論をしてきたが、この事件は日本の空き缶政権も情報管理さえもできない無能であると同時に深層崩壊を予測させる前兆現象がおきているのかもしれないという不安を感じる。
 もうひとつ、支配層の情報規制に協力してきたテレビや新聞のような既成メディアにとっては、その横っ腹を突き破った今回の事件は、その存在意義に疑義を感じさせるもので、映像の内容が思いのほか無内容なものだったから、なおさらかれらの情報操作への協力の意義が問われなおされると思う。
 いずれにもせよ情報が既成メデイアをとおらない、ネットと呼ぶバイパスができたことで、その影響をうけた社会が民主主義社会かどうかは、いまだに不透明ではあるが…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
流出!流出!また流出!!
エロサイトじゃないっすよ(^_^) いったいぜんたい何がそうさせたっていうのか。尖閣諸島における中国漁船衝突事件の動画。 本来は国会議員に見せるのにも慎重を要したほどの超国家機密でした。それが議員... ...続きを見る
雪裏の梅花
2010/11/05 18:10
小沢金脈と尖閣ビデオにおける法的責任と政治的責
「検証尖閣事件・真相崩壊原因としての情報操作」について  「裁判で争うことになるから、国会で説明はできない」と小沢一郎は言うが、裁判では法的責任が問われ、国会では政治的責任が問われるのだから、政治家は双方で責任を果たさなければいけない。普通の犯罪者と政治家を使い分けた言い逃れを追及するメディアや政治家はいないが、そこのところは明確にして、政治家は法的責任だけでは済まされない、政治的責任が残ることを示すべきだと思う。たとえば、宅地購入資金の4億円の出所が、数回にわたって説明が変わり、最後... ...続きを見る
罵愚と話そう「日本からの発言」
2010/11/09 18:25
検証尖閣事件・国家機密に指定した空き缶内閣の政治的体質
「検証尖閣事件・真相崩壊原因としての情報操作」について  だれも読まない社内通達にマル秘のゴム印を押して部長のデスクに放置しておいたら半日でトイレ掃除のおばさんにまで伝わっていたという笑い話がある。海上保安庁が「支那漁船が体当たりしてきた」と発表したのだから、あの程度の映像はみなくても想像できた。うらがえせば秘密にしないで、公開してもなんの影響も考えられない。だれがなぜ国家機密に指定したのか、まさしくなにを目的にしたマル秘のゴム印だったのかのほうが、政治的には重大問題だと思う。  支... ...続きを見る
罵愚と話そう「日本からの発言」
2010/11/11 06:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
検証尖閣事件・真相崩壊原因としての情報操作 ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる