ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 二度と、おなじ過ちは犯したくないという、ひごろの日本人の平和主義が試されている。

<<   作成日時 : 2006/07/12 17:21   >>

トラックバック 7 / コメント 4

 アメリカの変節をなげく声や中韓への憎悪の声、ヨーロッパ流儀の外交を、あらためて思い知らされた声、そして左右双方から聞こえてくる自民党外交への不信の声が錯綜している。
 そのひとつひとつを話題にする気力はないが、ひとつだけ、現在の日本人に想像力をはたらかしてもらいたいお願いがある。つまり、それは、この国際社会のどこにも理解者不在の絶望感は昭和10年代の日本人がいだいた絶望感と同質のものだ、という認識だ。欧米と東アジアの双方から見放されたような絶望感が、暴走につながったのだが、それはけっして日本の“ひとり相撲”ではなかったし、ましてや日本の侵略戦争なんかではなかった。
 いま起きている事態とおなじような状況が生んだ絶望感が原因だった。そして、それはあきらかにそれはまちがった、国際社会への誤解が生んだ絶望感だ。二度と、おなじ過ちは犯したくないという、ひごろの日本人の平和主義が試されている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
聞く価値のあるハナシをする政治家と、一文の価値もない発言をする政治屋。
北朝鮮のミサイル発射が引き起こした事態を受けて、 マスコミが国連外交と国防というテーマで 朝から番組作りをしています。 そのこと自体、数年前とは隔世の感がありますが、 今朝のニュースバラエティを見ていて首をかしげてしまうことと うんうん、と頷いてしまったことがありましたので、取り上げてみます。 (毎度のことながら、記憶を頼りに書いてます^^;) ...続きを見る
言うだけならなんとでも。
2006/07/12 20:04
反米反日から親米反日へ 転向した朝日新聞社の「専守防衛」論
朝日新聞社は、特亜を日本の敵地攻撃能力から守らなければならないという使命感に駆られる余り、つい筆をすべらせたのか、朝日信者が腰を抜かすような大転向を敢行した。 朝日新聞社は外患誘致による国内革新を目論む日本の反米左翼勢力にも見捨てられる日が来たと心躍る.. ...続きを見る
何でもそろう便利屋です
2006/07/12 21:38
敵はそこにいないよ。
インドでもミサイル実験して失敗ですか。。。最近、実験しては失敗するのが流行なの?なんだか「テポドンらしきものが見える」とかなんとかマスコミが騒ぎ出してから今に至るまで、出来の悪いメロドラマ見せられているような感じなのね。そんなふうに思っていたら、私が大大大好... ...続きを見る
Some Kind of Wonderf...
2006/07/12 23:33
北朝鮮問題、英仏は議長声明に傾く
ほ~らね、言わんこっちゃない。 やっぱり形勢逆転されてしまいました。それにしても日本の外交力って本当に情けないと思います。一体この二三日、彼らは無駄に何をやっていたんでしょうか。私も悲観的なことを書いてきましたが、実は報道に騙されてちょっとは期待してしまい.. ...続きを見る
非国際人養成講座
2006/07/13 08:30
弱い犬ほど
 北朝鮮のミサイル発射についての国連の対応が大詰めを迎えつつある。最初、北朝鮮が ...続きを見る
反戦老年委員会
2006/07/13 13:44
緊急アンケートです!【日本の国防について】(7月21日0:00締め切り)
ただいま「Under the Sun」では、アンケートを実施しています。 ...続きを見る
Under the Sun -EQT-
2006/07/13 23:17
北朝鮮ミサイル:非難決議案決定か
クッククック、クッククック私の青いとりぃ〜・・・・。今頃安倍壷三は制裁決議案が通らなくて悔しがって統一協会から買った壷を次から次へと割って憂さを晴らしているに違いない(笑)。 ...続きを見る
カナダde日本語
2006/07/15 17:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして!
ブログSome Kind of WonderfulのJesusMaryです。
私のブログにTB送ってくださってありがとうございました。
とっても嬉しいです。
今後もちょくちょく見にきますね。
JesusMary
2006/07/12 23:37
JesusMaryさん、
 ようこそおいでくださいました。昭和初期の日本外交をとりまく情況と、最近のそれとを比較していますが、おなじように、日清戦争の開戦のきっかけと、満州事変のそれとの近似性もあると思いませんか?
罵愚
2006/07/13 18:10
TBありがとうございました。
絶望しているまではいきませんが、確かに怒りと失望が静かに広がっていると思います。
何故なら「日本不利、日本孤立」の情報を流しまくるマスコミ、外交とはどういうものかをきちんと説明できない政治家、それによって正しい情報を持たずに考えなければいけない国民。
当時の「行け行けどんどん」とは別のベクトルで、同じ状況が繰り返されていると思います。
当時のベクトルは外への戦争、では今回は一体何になるのでしょうね。
ねこねこ
2006/07/13 19:19
ねこねこさま、
 わたしは両者に変わりはないと思います。日本は生真面目に、地球規模の安全保障にとり組むのだと思います。アングロサクソンやレッドチャイナがたくらむ地球支配に対して、庶民の生活を守る理想を追求するんじゃぁないのでしょうか。都の治安を乱す、鬼の体内に飛び込んでいく一寸法師のように…
罵愚
2006/07/14 04:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
二度と、おなじ過ちは犯したくないという、ひごろの日本人の平和主義が試されている。 ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる